新潟県内の企業・団体の皆様へ 外国人材の受入れに関するご相談をお受けします

TEL:025-282-5548
FAX:025-282-5549

10 : 00 ~ 17 : 00(最終受付16 : 00)
土日祝祭日及び年末年始を除く

a

コンビニで働く外国人のビザと卒業後コンビニに就職を希望する留学生のビザ変更について vol.18

こんにちは!外国人雇用の「サポセン」です。
メルマガをお届けします。外国人雇用のことならお気軽にお問い合わせください。

記事のテーマ

コンビニで働く外国人のビザと卒業後、
コンビニに就職を希望する留学生のビザ変更について 18号

相談員:佐々木 啓

Q.
コンビニで働く外国人が増えています。日本語が上手で対応も丁寧です。
彼らにとっても、このままずっとコンビニで働けたらいいと思うのですが、可能ですか?

A.
日本で働けるかどうかは、その外国人が持っている在留資格によって決まります。
日本に滞在する外国人は皆さん何らかの在留資格をもっています。

たとえば、観光客は短期滞在ビザ、日本人と結婚している方は日本人の配偶者等ビザ、学生は留学ビザといった具合です。

コンビニで働く外国人の多くは、留学ビザ、永住ビザ、定住者ビザ、日本人の配偶者ビザで働いていると考えられます。

永住ビザ、定住者ビザや日本人の配偶者ビザであれば、ずっとコンビニで働いてもらうことができます。

しかし、留学ビザの学生は学生の間しか働けません。しかも、週28時間が限度です。
卒業後もコンビニで働きたいと思えば、入管で留学ビザから別のビザに変更する必要があります。

留学生は、技術・人文知識・国際業務ビザへの変更が必要です。
このビザは専門性の高い仕事につく場合に認められるものです。ですので、コンビニの本社管理部門、複数店舗を統括するマネージャーとして働く場合には変更が許可される可能性があります。

しかし、就職後、コンビニのお店の中でアルバイトと同じ仕事をする場合や1店舗の店長として働く場合、これまでのところ許可された例はありません。

※一般には、在留資格をビザと言うことが多いようです。
 厳密には在留資格とビザは違うものですが、ここでは在留資格の意味でビザと書いています。

出典(参考):
よくわかる入管法 第4版
有斐閣 山田、黒木、高宅
在留資格変更許可申請
出入国在留管理庁ホームページ
http://www.moj.go.jp/isa/applications/procedures/16-2.html

記事へのご質問に執筆者がお答えします。
メールにてお知らせください。

カテゴリー

開催予定のセミナー

Pin It on Pinterest

Share This